真心のこもったお弔いをいたします

上田市は塩田平にあるお寺です。別所温泉のほど近くにある花と緑に囲まれた山寺です。葬儀・法事はもとより永代供養など様々な仏事でご縁を頂戴できればと存じます。

宗教法人 飯綱山 法樹院

TEL:02-6839-2231

法樹院(ほうじゅいん)について

法樹院は正式には飯綱山法樹院報応寺(いいつなさん・ほうじゅいん・ほうおうじ)といい、阿弥陀如来をご本尊とする浄土宗のお寺です。

法樹院の創建は古く、文治元年(1185)渋谷土佐入道昌俊と縁のある人がその菩提を弔うために一寺を建立し、幼名をとって金王寺と称したのが始まりです。土佐入道昌俊は相模の国の名族渋谷氏の出自で、源義朝・頼朝に仕えその勇名をうたわれた武将で、義朝の死を常盤御前に伝えた人物です。

戦国時代の永禄三年(1560)に寺は大破しましたが、当時の領主・室賀入道信俊が寺の由緒を知って再興しました。その時に「飯綱山法樹院報応寺」と名を改め、金王寺から500メ-トルほど離れた現在の地に移転しました。元の場所には県宝である金王五輪塔がまつられ、現在でも年に一度供養祭が行われています。この金王五輪塔は高さ2メ-トルを超える大きなもので、また非常に古く、渋谷土佐入道昌俊供養のために建てられたものと言われています。

県宝 金王五輪塔

このように当寺は大変由緒、歴史のあるお寺です。法樹院となってから現在の住職が17代目となります。

  • 法樹院第17世 住職 大高 源明 (おおたか げんみょう)
  • 昭和38年生 佛教大学大学院修士課程修了
  • 東京芝の大本山増上寺勤務を経て、平成12年法樹院に入山
  • 総本山知恩院布教師 大本山増上寺布教師 大本山善光寺大本願布教師

浄土宗について

名称 浄土宗(じょうどしゅう) 法樹院(ほうじゅいん)
名前 法然上人(ほうねんしょうにん) 源空(げんくう) (1133~1212)
開宗 承安(じょうあん) 5年(1175年)
本尊 阿弥陀仏(あみだぶつ) 阿弥陀如来(あみだにょらい)
教え 阿弥陀仏の平等のお慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」とみ名を称えて、人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかな毎日を送り、お浄土に生まれることを願う信仰です。
お経 お釈迦さまがお説きになった『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』の三部経をよりどころとします。

浄土宗は法然上人を宗祖と仰ぐ宗旨です。法然上人は平安時代末期、現在の岡山県にお生まれになられました。幼くして父を亡くし、その父の遺言により出家、15歳で比叡山に登り、28年間の学問修行の末、阿弥陀さまの本願の御教えに出会われました。その本願とは「心をこめて我が名を南無阿弥陀仏と称えるものは必ず救い取る」という阿弥陀仏のお誓いのことを言います。この本願の御教えこそ、いかなるものでも救われる道であると確信した法然上人はその教えを広められました。それが浄土宗の始まりです。

本願のままにただひたすらに心をこめて南無阿弥陀仏と口に称えれば必ず仏の救いをうけて安らかな日々を送り、命終わった後には西方極楽浄土という阿弥陀さまの国に生まれることができると教えられたのです。

お念仏は今生きている私たちに安心感と力強さを与えてくれます。そして、日々を大切に生き、命終わった後には阿弥陀仏のお導きで、ご先祖が待つ西方極楽浄土に往くことが出来るのです。お念仏の教えは、希望と安らぎのすばらしい教えなのです。

塩田平札所めぐり

四国霊場八十八ヵ所は古くから、人々の信仰を集めてきました。お遍路さんと呼ばれる巡礼者は、霊場ごとにお経や御詠歌をとなえ、納め札を奉納してお参りします。全行程を歩けば、約5~60日かかるといわれています。

さて、今を去ること三百年余年前。江戸時代には、当地の人々にとって、四国は現在以上に遠い地であったことは想像に難くありません。生涯に一度は四国霊場八十八ヵ所を巡りたいと思うものの日程や費用を考えたら、そうたやすいことではなかったのです。

しかし、人々の熱意が四国の八十八仏をお迎えするという大事業を成し遂げました。四国の霊場にお願いに行き、仏さまを、塩田のお寺にお迎えしたのが、元禄六年(1693)のことでした。これにより、四国八十八ヵ所霊場の巡礼が、この塩田平で出来ることになったのです。

塩田札所めぐりはその後一時衰退し、人々から忘れ去られてしまった時期もありましたが、300年目の節目に、復興を遂げたました。法樹院は塩田平札所めぐりの第十七番寺院でもあります。

永代供養

永代納骨供養

近年、子供さんのいらっしゃらないご夫婦や身寄りの無い方、諸々の事情で従来型の墓地を持つことが困難な方、あるいはお考えにより合祀を希望される方が増えてきました。

お墓の継承者がいなくても、法樹院が責任をもって管理供養いたします。 過去の宗旨・宗派を問わず、どなたでも遺骨を埋葬することが出来ます。

当山の供養塔は本堂の正面にあり、何時でも気軽にお参りいただけます。また希望者は墓誌に没年月日、戒名、お名前などを刻みますので、永代にわたってその証しが残せます。毎年のお施餓鬼法要の際に、ご回向いたします。

供養料 墓誌に名前を刻む場合 一霊 30万円
納骨のみ 一霊 20万円

永代年回供養

こちらはお墓はあるけれど(例えば一族の合同墓など)、法事や供養をして下さる方がいらっしゃらないという方のために、法樹院が50回忌までの法事、塔婆供養を行うものです。

本堂内に位牌を安置、年回にあたる御命日にご回向し、その年のお施餓鬼法要の際に、塔婆供養いたします。

永代年回供養料 
一霊 30万円

※永代納骨供養と永代年回供養を併せて申しむことも可能です。

永代納骨・年回供養料
一霊 50万円

葬儀・法事について

万が一の時、普段お寺と付き合いがない場合はどのように葬儀をあげたらよいのかわからない事と思います。 そんな時は法樹院へ遠慮なくご相談ください。葬儀に関して、法樹院では檀信徒でなくても受け付けいたしております。貴家のご事情にあった葬儀式を真心をこめて執行させていただきます。

一番気がかりな御布施についても、できる限り希望に添わせていただきますので、安心してご相談下さい。

万が一、葬儀を行う時には、葬儀業社との打ち合わせの前に必ず法樹院へご連絡ください。(深夜・早朝でもかまいません)葬儀日程を葬儀業者と決めても当方の都合がつかないときがございます。また、葬儀業社へは法樹院へ葬儀を依頼する旨をお伝えください。

また、毎年のご法事、 お骨の一時預かり、お戒名、お位牌等、なるべくご要望に沿うようにさせて頂きたいと思っておりますので、些細なことでもお気軽にご相談下さい。

水子供養

法樹院の水子供養は南無阿弥陀仏と念仏を称え、ご本尊である阿弥陀さまにお願いを致します。そしてご供養の心をご一緒に仏さまと亡きお子さんへ捧げます。

お線香をお供えする、お経をあげる、お念仏を称える、、このような供養の心は必ず亡きお子さまに届きます。又亡くなられたお子さんも、ご縁の深い人(お父さんお母さん)からのご供養を、必ずや望んでおられます。

「南無阿弥陀仏と念仏するものは必ず極楽浄土に迎え取る」という阿弥陀如来の本願のお誓いによって、必ずや亡きお子様も、極楽浄土に往生させて頂けるとお経に説かれています。

お近くにお住まいの方はどうぞお参り下さい。お名前のみお聞かせ頂いても結構ですし、もちろん秘密厳守のご供養です。

又遠方の方、どうしてもお越しになれない方々のために、当山住職が代わりにご供養をさせて頂きます。その後、ご供養をした「お札」をお申し込みの方にお送り致します。「お札」はお仏壇や神棚がある方はそちらにお供えして下さい。ない方は粗雑にならない所へ大切にしまってお子さんのことを気にかけてあげて下さい。事情でお札を家でお祀りできないという方はお寺でお預かりすることもできます。

悩んでいらっしゃる方はどうぞご連絡下さい。宗派は問いません。是非ともこの尊い機会に、亡きお子さんの冥福を祈り、仏さまとご縁を結びながら、共々に供養をさせて頂きたくご案内申し上げます。

供養料
1万円

ペット供養

様々なペットを家族同様にかわいがっている方はとても多いです。私自身も犬を飼っています。愛情をもって暮らしているとお互いの絆も深まっていくのは、人間同士だけとはかぎりません。しかしながら、いつの日か別れしなければならない時が必ずやってきます。

どんなに愛しい、離れたくないと思っていても、必ず離れ別れていかねばならない時がやってきます。一緒にいる期間が長ければ長いほどその苦しみや悲しみは深くなっていくのではないでしょうか。

仏教では親しい人だけでなく、動物であっても前世において深い縁があったからこそ、この世で飼ったり飼われたりという関係になって出会ったのだと教えます。せっかく共に過ごし縁の深かったペットなのですから、命が尽きたならば阿弥陀様の極楽浄土にお救い頂けるよう、念仏を称えて供養をすることは、人の場合と何ら変わることではありません。火葬をし、お経を読み、納骨をして差し上げる。人間だから、ペットだからと分け隔てることなく、同じ一つの命として丁重に葬って、念仏供養をして差し上げることをお勧め致します。きっと最愛のペットもお喜びになることでしょう。

当山の阿弥陀様さまとご縁を結んでいただき、ご縁の深いペットのご供養をして頂きますようごご案内を申し上げます。

納骨供養料
1万円

境内墓地

法樹院の境内墓地は塩田平を一望できる山側にあります。自然に恵まれた墓地をお探しの方はご相談下さい。なお、お墓を建てられる方は法樹院のお檀家となっていただくようになります。(お檀家になるのにお布施はいりません。またお檀家になられてから、また寄付を強要することもありません。)

永代使用料
10万円(大きさは、基本的に自由です。)

永代供養・お墓に関するご相談は上田の寺【法樹院】へ

上田をお探しでしたら、【法樹院】へお越しください。少子高齢化に伴い、おに関するお悩みを抱えている方が増えています。供養の形も多様化しており、お墓・永代供養・手元供養・葬式ペット供養、水子供養などに関してお悩みを抱えているという方は多いのではないでしょうか。このようなお悩みは、浄土宗のお寺【法樹院】へお気軽にご相談ください。宗派問わずにどなたでもご相談いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

創建八百年以上の浄土宗の名刹

大切な故人様の御霊を
心をこめてご供養し管理いたします。

TEL:02-6839-2231

寺院概要

寺院名 宗教法人 飯綱山 法樹院
宗派 浄土宗
住職 大高 源明
住所 長野県 上田市舞田790
アクセス 上田電鉄別所線
「舞田」駅から徒歩8分、
「八木沢」駅から徒歩13分
電話番号 02-6839-2231
最寄り駅
道順
設備・サービス
その他

お問い合わせ